実家(新潟)で猫と戯れた

こんばんは、ももにゃんです。本日初投稿です。
1月2日、3日で実家に帰省してきました。

私の実家は新潟県の十日町市というところにあります。
豪雪地域で有名ですが、今年は雪がほとんどありません。
例年の同じ時期は一面真っ白!なはずが・・・。
スキー客もガッカリな積もり具合です。観光、除雪業者は閑散です。えらいこっちゃ。

 

 

 

雪といえばもうひとつ、雪の降る地域の電車のドアについているボタンをご存じでしょうか。

通常駅で停車中の電車のドアは開いた状態ですが、積雪地域の電車は手動です。
出ていく際は「開」、出たら「閉」ボタンを必ず押しましょう。残された乗客がとても寒い思いをします。

実は私もこの電車に乗ったのは大学に進学してからで、高校まで自転車通学だったので電車に乗ったことがありませんでしたww
小学生まで埼玉に住んでいたので、初めて見たとき地元民なのにカルチャーショックを受けました。
更に言うとバスにも乗ったことがなく、もっぱら親に車で送迎してもらっていました。田舎あるある(?)

関係ないですが、同じ電車で夏季限定で車内でプラネタリウムを上映する車両もあります。
これについてはいつか別の機会に書けたらと思います。

 

話を戻して、実家に着いたのはいいですが、特にやることもありません。
姪っ子(初対面、生後3ヶ月)に貢物を渡し、かわいさに鼻の下を伸ばすくらいしかやることがないです。
私の実家への帰省時にやることといえば、一日中お菓子を食べながらテレビを見て、お腹がいっぱいになったところで温泉にくり出し、コーヒー牛乳を飲んで帰って寝るだけ。

なので特に書くこともありません(´・ω・`)
特に書くことがないので実家にいるネコちゃん2匹を紹介したいと思います。

まずは先輩猫ちゃん
ラグドールのラグちゃん♂(まんま)


年齢はたぶん5才くらい。
私がペットショップで一目惚れし親にねだって買ってもらうも、大学進学を機にわずか数ヶ月でお別れになってしまった猫ちゃんです。
たまに実家に帰ってもすっかり忘れられている。毎回初対面のような対応するのやめてくれ。
尻尾の付け根をナデナデすると気持ちよさそうにするも、10秒くらいすると突然キレる。怖い。

猫ちゃんでは珍しくお手をします。

 

 

そして新入り猫ちゃん
スコティッシュフォールドのぷーちゃん♂
年齢不詳。

彼は実家で同居する兄夫婦の飼い猫ちゃんです。

まだ家に来たばかりの頃はまるで王様のような扱いを受けていたが、兄夫婦に娘が生まれたことを機に、ばい菌扱いされている可哀想な猫。
兄夫婦の部屋に入れてもらえず、最近は母の布団で寝ている模様。
可哀想すぎて目も当てられない・・・。
毎年お正月に会うたびにでかくなっている。そろそろ抱っこで持ち上げられないレベルである。

 

あまりに書くことがなさすぎて猫の紹介になってしまいました。
一応言っておきますが私はこの2匹の猫ちゃんが大好きです。
マンションがペット禁止でなければ連れて帰ります。
うちでは君たちをばい菌扱いしないぞ!

そろそろ眠くなってきたのでこのへんで。

The following two tabs change content below.

ももにゃん

最新記事 by ももにゃん (全て見る)