洗濯機を購入!16年使い続けた洗濯機に別れ。

おはこんにちばんわ。2yankoです。

先日洗濯機の背面から水漏れを起こし、大変なことになってしまいました。
その洗濯機がこちら。

自分が18歳の頃に新聞奨学生として、ひとり暮らしを始めた時に買ったもの。かれこれ16年選手になります。

今、自宅にある中で一番古い家電だったのが、この洗濯機。
16年の年月お世話になった洗濯機を手放すのは少し寂しい気もしますが、仕方がないと割り切って洗濯機を購入することを決意しました。

 

早速の余談をば


と、その前に腹ごしらえ。
nana’s green teaで「麦みそとん汁セット」と「トマト麻婆豆腐どんぶり」をいただきました。

 
冷えた体に暖かいとん汁がめちゃ美味い!
あと、麻婆豆腐が美味すぎ。トマトとこんなに相性がいいなんて知りませんでした!
今度、自宅でもトマトペーストを混ぜて作ってみたいと思います。

 

購入するために重視したポイント


話戻って、洗濯機を購入するにあたって重視したポイントは、

  • 価格が6万円台。
  • 選択・脱水容量7kg以上。
  • なるべく最新のもので、コスパ重視。
  • 乾燥機能は無くてもOK。
  • お風呂から給水できる機能付き。

 

悩んだ末に購入した洗濯機がこちら


以上のポイントを押さえて選んだものがパナソニックの「NA-FA70H3」!

上面のゴールドピンクがカワイイ!
白いボディだと衣類から出る汚れが付着して目立ってしまいがちなので、最近はこのような配色がされたものが多い傾向にあるのだとか。

他にも、手前に操作盤がなく洗濯物を取り出しやすいデザインと、溝や凹凸を少なくした汚れがたまりにくいフラットボディも気に入りました。

シャープの「ES-GE7A」や、1位の日立の「ビートウォッシュ BW-V80A」も迷いました。
「ES-GE7A」は穴なし洗浄でカビ対策には非常に効果があるらしいのですが、脱水が少し弱いのだとか。
「ビートウォッシュ BW-V80A」はナイアガラ洗浄でかなりしっかり洗えるのですが、モミが強すぎるためか生地にしわが残るのだとか。

その点「NA-FA70H3」は穴が斜めに配置されている&絡みほぐしができる機能が備わっているため、脱水機能は抜群。

ただし、「NA-FA70H3」は「ビートウォッシュ BW-V80A」に比べて強くこすって洗わないため、汚れを極端に落としたい方にはあまりお勧めできないそうです。
自分はその辺全く気にしないので、無問題。

こちら、本来であれば結構お値段するらしいのですが、最近洗濯機などの家電が軒並み価格安になっているらしいので、タイミングが良かったそうです。(量販店店員さん談)
念のため、価格ドットコムなどであらかじめ調べ、「送料」「工賃」「保証延長」「リサイクル費」などの計算をしたうえで判断。

ちなみに価格ドットコムのランキングでは2017年1月現在、9位。同系統の10kgで2位でした。

 

 

泡洗浄を試してみました


こちらの目玉は何といっても、「泡洗浄」。

といっても、これ目当てに買ったわけではないので、あってもなくてもよかったのですが^^;

洗剤を入れる専用のケースがあり、そこに水圧をかけて溶かし泡立てる仕組みだそうです。

早速使ってみました。

まずは洗剤。我が家は液状の「ハイジア」を愛用しています。

そして柔軟剤。「レノア ハピネス」。このにおいが大好き。

そして、コースをセットして選択開始!

首への負担に配慮した、人間工学に基づく設計。
使う人の目線と向き合う見やすい角度で操作しやすい。優しさを感じます。

 

あれ。。。?

泡、、?

立たへん?

早速、壊れたかな?

おかしいと思って調べたところ、粉末洗剤じゃないと思った以上に泡にならないそうです。残念。

ま、まぁ、、泡洗浄目的で買ったわけじゃ(ry

 

その他の機能


そのほかの機能としては、

  • おしゃれ着や毛布などのデリケートな衣類も優しく洗える「ソフト脱水機能」と「毛布コース機能」
  • 省エネや運転音に配慮された「おまかせコース機能」
  • 自分のオリジナルの洗い方が設定できる「わたし流コース機能」
  • プレケアなしで、頑固な汚れも落とせる「泥汚れつけおきコース機能」
  • 選択後に自動でお手入れをしてくれて洗濯槽の黒かび予防を抑える「自動槽洗浄」や「カビクリーンタンク機能」「ナノイー槽クリーン運転」

などがあります。

これだけの機能がついて、7㎏でこの60,000円台であれば納得のいく買い物ができたと思います。

まだ使い始めたばかりですべての機能をレビューできないのですが、これまで使っていた16年選手を超えられるように、大事に使っていけたらと思っています。