Nintendo Switchのプレゼンテーションを見ながら、3分足チャートを追ってみた。

おはこんにちばんわ。2yankoです。

先日、久々に株式デイトレードをやりました。
以前の記事:数年ぶりのデイトレード

本日は、その際に追っていた「任天堂(7974)」について、3分足のチャートで時系列ごとに追いながら解説をしてみたいと思います。

 

2017/01/13 13:00 プレゼンテーション開始


Nintendo Switchのプレゼンテーションが始まりました。

プレゼンテーションを行った直後、株価は急落。

 

2017/01/13 13:03


この日瞬間的に陰線を長くつけたのが、皮肉にも「販売開始日」と「希望小売価格」が発表されたタイミングでした。

2017/01/13 13:14


機能を紹介する「ムービープレゼンテーション」や「スプラトゥーン2」「マリオ オデッセイ」の発表があったタイミングで一時持ち直し。

しかし、それでもローンチ時期が今年の夏や冬だったせいか、再度急落。
その時、ニコ生のコメントでは「はぁ?ローンチまだ先じゃねーかよ!」や「直近で目玉タイトルがないから早々に出してきたな」「驚きが少ない」「期待外れだ」などのコメントがずらずらと出てきていました。

Yahoo!ニュースでもこんな記事が。
「Switch」にサプライズなし? 任天堂の株価、急落

 

もしかしたら、持ち直したのは売りが一服した反動買いだったのかもしれません。
この日の分足を全体チャートで見てみると。。

午前の最安値付近に行くまいとして、下げ止まっているのがわかります。

 

2017/01/13 13:47


急落の途中、プレゼンテーションでとあるゲームのイラストが出てこなかったというハプニングが起きました。
その時チャート上では、なぜか気持ち少し盛り返しているという不思議な現象がww

 

2017/01/13 14:00 プレゼンテーション終了


発表が14:00で終わると同時に午前の最安値をブレイク。

下げ止まりません。
どこまで下がってしまうのでしょうか?

フィボナッチ分析ができるテクニカルツールで「午前の最安値」と「発表される直前の最高値」に線を結んでみます。

そうすると、フィボナッチ分析ツールで自動的に算出された値が約23,700円の最安値付近を示していることがわかります。
その周辺の値で下げ止まっていますね。
結果、その日の最高値から怒涛の最安値に落ち込んでいってしまいました。

やり手のデイトレーダーだと、ブレイクした瞬間(約24,200円付近)に空売りで入り、この下げ止まりそうな値(約23,700円付近)で利食い(約500円)します。
自分はやり手でも何でもないので、プレゼンテーション見ながらノホホンとしてました。

 

ちなみに本日の任天堂は?


ちなみに本日の終値(2017/01/18 15時現在)は「23,800円」になっていました。
今日も暫く監視していたのですが、午後一番から激しい売り買いが始まり、出来高が急騰。

3分間で一気に600円も高騰。
その時自分は何も準備しておらず、チキって手を出すことができませんでした^^;

17年3月期の半期決算発表では、最終損益が245億円と赤字に転落した任天堂。
26日に発表する第2四半期決算に注目ですね。