TAICHIRO MORINAGAが今年もオープン

こんばんは、ももにゃんです。

もうすぐバレンタインデーですね。
お店にはチョコレートが並び始めた時期かと思います。

昨年、東京駅のGRANSTA(グランスタ)内で期間限定オープンしていた森永の限定ショップ、『TAICHIRO MORINAGA』が今年も期間限定でオープンするそうです。

TAICHIRO MORINAGA

 

そちらのショップで限定販売されている、2種類のチョコレートについてレビューしたいと思います。
その2種類がこちらです。

左の瓶詰めチョコレートがリファインドチョコレート、右の箱入りチョコレートがハイクラウンです。

 

 

 

まずはリファインドチョコレートから。


こちらは粉末のチョコレートです。

 

書かれている数字はチョコレートの細かさを表しています。
30の方が粒が荒く、16の方が粒が細かいです。

 

粉末状のチョコレートは今まで食べたことがなかったので、初めての経験です。スプーンですくって食べてみます。

粉末なので粉っぽい食感を想像していましたが、口の中に入れると柔らかく、すぐに熱で溶けていきます。
これはなかなか面白い!初めての食感!そして美味しい!
あっという間に2瓶なくなってしまいました。

16の方が柔らかくて優しい感じのチョコレートです。
30は粒は若干大きいですが、口どけの良さは16とほとんど変わりません。
私は30の方がチョコレート感があって好きです。

 

 

 

続いてハイクラウン


 

こちらは 1964年に発売した森永の人気商品、Hi-CROWNです。
発売当時のラインアップであるミルク・ナッツ・クランチに新たに5つのフレーバーを加えて発売されました。

 

画像左から、
クラシックミルク
クラシックナッツ
クラシッククランチ
とろけるミルク
ダークミルク
ピスタチオ です。

この他にも、キャラメリゼ、薫る宇治抹茶のフレーバーがあります。

 

まずはクラシックミルク。
パキっとパッケージの箱を開ける瞬間からワクワクです。

写真では伝わりにくいですが、かなりの厚さ。
口に入れるととろりと溶けるチョコレート。香りも最高です。
やっぱり森永のチョコレートは美味しい!

ちなみに森永のチョコレートで一番好きなのは小枝です。

 

続いてピスタチオ。

口に入れるとピスタチオの香り!
チョコレートとの相性もバッチリです!
こ、これは美味しいぞ!

 

ちなみにピスタチオですが、私が行った時には単品では売り切れており、セットでしか購入できませんでした。
それくらい人気ということですね。

 

 

森永の限定チョコレート、如何でしたでしょうか。
こちらのTAICHIRO MORINAGAですが、全国12ヶ所でバレンタインデーの2/14までオープンしています。

誰かに渡すなんて勿体ない!ぜひ自分用チョコレートとしてお買い求めください。

The following two tabs change content below.

ももにゃん

最新記事 by ももにゃん (全て見る)