開発勉強会を行いました。

おはこんばんにちは。2yankoです。

本日は、開発合宿を自宅とコワーキングスペース8Beatで行ったのでそのことを書きたいと思います。

と、言っても、開発現場の写真をすっかり取り忘れてしまったので、今回携わっていただいた方の紹介と開発途中のキャプチャー画像を載せていきたいと思います。

 

今回開発したのは?


今回開発したのは、自分が今ハマっている大型アーケードゲームの「三国志大戦」。
ハマっている理由はこちら

最近デッキ構成に悩んでおり、そのデッキを考えて記憶するのが一苦労。

そこで、デッキを記憶・保存できるツールはないかと探したところ、カードショップの「遊々亭」さんというところがデッキシュミレーターなるものを提供していました。

http://yuyu-tei.jp/new_simulator/sanac/

問題点として、こちらのページで考えたデッキは「Twitter」で共有するか「メール」に送信するしか保存手段がないので、少々不便に感じていました。
また、スマートフォンに最適化されていないので、操作しづらい面もありました。

とはいえ、武将のソート機能や武将詳細画面などのクオリティーは非常に高いので、何とかこれに近いものをアプリとして提供できないかと考えました。

というわけで、今回開発勉強会のネタとして「三国志大戦デッキストッカー」なるものを作ろうという考えに至りました。

 

開発者


開発に携わっていただいたのは、自分含め5名。
濱将軍の大号令」招集していただいた心優しい方々です!!

1人目:ジャスティス岡本。(https://30asset.com/
Monacaという開発ツールの中の人。仕様設計、要件定義、ツールの提供・指南。

2人目:宮もっちゃん。(https://akito38.net/
フロントサイドエンジニア。今回わざわざ長野から上京。アプリとサーバーの動的な部分を担当。この勉強会で一番大変な人。

3人目:吉岡さん。(https://ossia.co.jp/
オッシアというバックエンドを中心とした開発会社の社長さん。情報や値を返すサーバーサイドの構築部分を担当。

4人目:エクストリーム栗川(http://ext99.com/
町おこしのイベンターや地方のIT面を支える何でも屋。徳島は上勝からリモート参戦。DBの作成・管理を担当。

5人目:自分
ただのデザイナー。提案、UIデザイン設計、静的なデザインを担当。

自分以外のメンツは素晴らしい知力の持ち主。(自分は脳筋)
今回の開発勉強会に一人でも欠けていたら、着手には至らなかったでしょう。

 

どこまでできた?


作業時間はおおよそ6時間程度。

  • 提案、要件定義及び仕様設計:1時間半



  • 各々の担当作業:3時間
  • ゲーセンでのゲーム解説・説明・体験:1時間半

といったところ。
事前に提案用のラフをAdobeXDで作成していたのですが、突然のエラーで保存機能が停止してしまい、みんなに共有することができなかったので手書きで口頭説明^^;

まだ、目に見えたカタチにはなっていないので、ここまでしか公開できないのですが、頑張って2月末までにはリリースをかけたいと思っています!