バレンタインデーのチョコ作ってみた

こんばんは、ももにゃんです。

 

今日はバレンタインデーですね。

夫からのチョコレート欲しいアピールにうんざりしながら今年もチョコレート作りました。

バレンタインデーなんてイベントは早く絶滅してくれ。

 

今回は100円ショップのセリアで材料を揃えてきました〜。

13日の夜に行ったので、バレンタインデーコーナーはすでに棚がガラガラでした。わーお。

 

今回購入したのはこちら。

ラッピング用の箱やデコレーション用の砂糖菓子など。

このデコレーション系が特に品薄でした。

とりあえず残ってたものを端から全部買ってきました。

 

 

 

早速つくる


 

今回は体調もあんまりよろしくないので、簡単にできるトリュフにしました。

 

参考にしたのはこのレシピ。

大人のトリュフ

とりあえず明治の公式レシピなので失敗はないだろうということでこちらにしました。

詳しい作り方はリンク先へどうぞ。

 

 

 

 

まずは中身のガナッシュ


 

材料はこちら。

  • 生クリーム 70cc
  • 明治ミルクチョコレート 3枚
  • 洋酒 小さじ1

 

 

 

細かく刻んだチョコレートに沸騰直前まで温めた生クリームを加え、ぐるんぐるん混ぜ混ぜ。

 

溶けきらないチョコレートがあれば、湯煎にかけて完全に溶かします。

 

 

混ざったら絞り袋へゴー!

 

こんなかんじ。

 

 

クッキングペーパーに絞り出していきますが…

ここでクッキングペーパーが切れていることに気づき、アルミホイルで代用。

アルミホイルだとかなりくっつくので、クッキングペーパーを使用することをオススメします。

 

 

絞り出したのがこちら。

冷蔵庫で冷やしておきます。

 

 

 

コーティング用チョコレート


 

続いてコーティング用チョコレートです。

明治ミルクチョコレート2枚を細かく刻み、湯煎で溶かします。

 

 

溶けました。

コーティング用チョコレートはテンパリングが云々とよく言いますがカット!

 

 

このあと、ガナッシュをコーティング用チョコレートでコーティングしていくんですが、画像を撮り忘れました。

ここまでやればとりあえずトリュフは完成です。

 

 

というわけで次いきます。

 

 

全部茶色だと味気ないので、半分くらいはホワイトチョコレートで更にコーティングしてみました。

 

 

明治ホワイトチョコレート2枚を細かく刻み、湯煎で溶かします。

 

 

今回はチョコレートを沈ませてコーティングしたいので、底が深いマグカップにしました、

 

 

先ほどのトリュフにピンピックを刺して、ホワイトチョコレートにどぼん。

 

 

後半、足りなくなってしまい雑ですがホワイトに塗装完了です。

 

 

続いてさくっとデコレーション。

 

 

せ、センス…

ま、まあいいか…

 

 

最後に、残りのトリュフにココアと粉糖をまぶします。

 

 

お皿のなかでゴロゴロ。

 

 

そんなこんなで完成です。

 

夫にあげる分は箱に詰めてみました。

余ったチョコレートも食べると思うので本当に形だけですね。

 

 

 

体調がよろしくないので休みながら作ったのですが、途中からGODIVAのチョコ買って渡せば良かったと本気で後悔してきました。

夫的には買ったチョコレートでも特に気にしなかったと思います。

 

来年は確実にGODIVAチョコになると思います(;´Д`A

焼き菓子とかは作ってても楽しいんですが、チョコレートって溶かして混ぜて固めて〜ばっかりで作ってても全然楽しくない。゚(゚´ω`゚)゚。

 

毎年気合い入れて作ってる世の女性はすごいなーと思いつつ、バレンタインデーが滅することを願うばかりです…

 

 

The following two tabs change content below.

ももにゃん

最新記事 by ももにゃん (全て見る)